2014年10月10日に新装開店した浅草おかべ

忘年会シーズンを目前です。忙しい面々を集めるために早々と忘年会を実施しました。春に改築で一度閉まったのですが、10月10日に新装開店した浅草おかべの二階が会場です。助六宿貞千代旅館の真ん前なので裏通りですがわかりやすい場所にあります。

おかべ

大雨の中で開始30分前にお店に到着したのですが、すでにお一人着いており一杯やられておりました。二階へあがり掘りごたつのこちらの部屋を使わせていただきました。

この店の一番のお勧めは味噌ちゃんこ鍋。それを見ながらスーパードライで乾杯して宴会スタートです。事前にお願いしたコース料理スタートです。お造り、野菜の炊き合わせ、焼き魚、そして味噌ちゃんこへの流れですが、忘れちゃ行けないおかべ漬けも追加オーダー。ビールの後は麦焼酎がご希望ということでしたので宮崎の九右衛門を注文しました。

おかべおかべおかべ

味噌ちゃんこのできあがり写真はいつも食べる方に夢中で撮り忘れます。コース料理の合間にお店からサービスでどぜうの唐揚げ。にくい演出です。

おかべ

広いスペースでゆったり使わせていただいたので助かりました。テーブルをぐるぐる回ってみんなで交流できてよかったです。結局のところ美味しいと言ってガンガンのんで九右衛門を三本飲み切っちゃいました。

おかべ

二階には個室ではないですが、6人用のこんなスペースもあって少人数でも気兼ねせずに楽しめそうでした。

おかべ

一階はテーブル席、看板娘二人のサービスも抜群です。

おかべおかべ

私が必ず来たときに注文するのはおかべ漬けとこの蟹サラダです。蟹がいっぱい入っていて贅沢でヘルシーなサラダです。最初は野菜から食べる鉄則にしています。

おかべ

お勧めのお酒は樽酒です。この小さな樽で出てくる演出も嬉しくてつい。気がつくと樽の中身が無くなっています。私は樽に穴が空いているといつも思っています。

おかべ

ご家族で経営されていてアットホームな雰囲気も大好きなポイントです。

おかべ

 

 

青首真鴨が食べられる「鳥興」

青首入荷の張り紙を見て一ヶ月ぶりぐらいのやきとりの「鳥興」へ伺いました。

鳥興

お決まりのにらう玉。にらのおしたしにうずらの玉子をのせてオリーブオイルをかけたものです。和食に合う優しいオリーブオイル「エーゲの輝き」がとっても合います。

焼き物も野菜からいただくのが私流です。山芋焼きが一番好きです。ちょっと醤油で焼いた感じがGoodです。ねぎはいつもたれ焼きにしてもらいます。ししとう、しいたけは塩焼きとこだわりの野菜焼きを楽しんでいます。

本当はこの一人鍋も食べたいところですが、次の楽しみにしておきます。合鴨が入っていて一人で十分楽しめる鍋です。

野菜焼き食べ終わって真鴨を注文したらまさかの売り切れ。隣のお客さんに出した分で終了と言うショック。気を取り直して合鴨焼きに。青首真鴨は次回へ持ち越しです。

皮焼きと手羽先をたれで焼いてもらうのが私流です。是非一度お試しください。

この店の主人は御神輿好きです。店内には御神輿の模型と実物大の駒札に店の名前が書かれています。最近は膝が悪いとかで御神輿には近づかないとか。

コースメニューも三社祭にちなんだネーミング。一之宮コース、二之宮コース、三之宮コース。〆のドライカレーが絶品ですが、炭水化物ダイエット中につき自粛です。

そんなご主人はこちらです。銀座のやきとりの名店出身だけあってすべてがいい仕事していてとっても美味しくやみつきになっています。

もつ焼きもたれで追加です。